歯のニュース!!のカテゴリ記事一覧

大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。

カテゴリ:歯のニュース!!

歯のニュース!!のカテゴリ記事一覧。大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。
歯科器械の消毒滅菌について:5月18日読売新聞様

2014-06-08 歯のニュース!!
《新しいHPは一番下からリンクできます》先生の所は大丈夫だと思いますが・・・。記事読みました?」いつもお世話になっている業者様から電話があった。「何?何?」と…

記事を読む

「歯医者から感染の恐れ」:オーストラリアでの出来事

2015-07-05 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》情報通のドクターから「こんなニュースありました」ときいて早速確認してみました。    「!」ちょっと唖然としてしまった。  …

記事を読む

「虫歯菌、脳出血に関与」:日経新聞社様

2016-02-25 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》2月6日の日本経済新聞様:『虫歯菌、脳出血に関与 新たな予防法に期待(国立循環器病研究センター)』の見出し記事を目にしました…

記事を読む

インプラント周囲炎とは?:NHKニュース

2016-11-14 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》〜以下の画像はNHK様より引用させて頂きました〜11月8日の「いい歯」の日にNHKで      「インプラント周囲炎(しゅう…

記事を読む

歯の数が多い人は医療費が少ない事実が判明

2016-11-27 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》〜画像は日本歯科医師会発行の11月の日歯広報(にっしこうほう)から引用させて頂きました〜ビックデータ(※@)から判明した内容…

記事を読む

歯の切削機器使い回し関連のその後:7月2日読売新聞様より

2017-07-03 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》 【2017年7月2日(日)の読売新聞様の記事より引用させていただきました】歯科用切削機器(専門的には、タービンヘッド、ハン…

記事を読む

インプラント周囲炎の原因は細菌だけではないことが判明

2017-11-27 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》11月26日(日)はノーベルバイオケア社様(インプラントメーカー)主催の学術講演会に出席させていただきました。内容は “イン…

記事を読む

歯周病で認知症が悪化することが解明

2018-01-07 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。新年早々から歯に関してのニュースになりますが、1月6日の…

記事を読む

口の衰えがあると死亡リスクが2倍になることが判明

2018-01-14 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》口の機能が衰えると死亡リスクが約2倍になっていたというデータが明らかになりました。※画像は朝日新聞様2018年1月10日の記事より引…

記事を読む

歯科器械の消毒滅菌について:5月18日読売新聞様

《新しいHPは一番下からリンクできます》

先生の所は大丈夫だと思いますが・・・。記事読みました?」いつもお世話になっている業者様から電話があった。「何?何?」と思ったが、「タービンの滅菌・・・」「えー、まだそうなんだー」と私。

  『歯を削る機器、滅菌せず再使用7割…院内感染懸念』
       (5月18日の読売新聞様 参照)
歯科用タービンの使い回し問題、読売新聞.jpg一言で言うと、タービンヘッド(切削機器)の滅菌と交換問題のことだ。

お口の中は唾液や血液に触れる機会が多く、消毒やアルコールで拭いただけでは死滅しないウィルス(芽胞)もいる。

私も卒業当初(20年以上前ですが)より心配していた点でもあった。

当院では2000年(日本ビル歯科の時代)からすべての患者さんごとに交換しているので今となっては「当たり前」となっていて心配無用なのだが、全体から見るとまだまだ少数派ということか・・・。
丸の内の歯科、歯医者の滅菌と交換.jpga:当院のタービンヘッド(切削機器)

b:タービンヘッド(切削機器)

c:コントラ(研磨機器)

d:超音波スケーラ−(歯石除去用機器)

当院ではタービンヘッド(切削機器)以外の機器もすべて患者様ごとに交換しております。
丸の内の歯科、歯医者滅菌と交換(2).jpg丸の内の歯科、歯医者の滅菌と交換(3).jpg丸の内の歯科、歯医者の滅菌と交換(4).jpg





新しいHPはこちら⇒丸の内の歯科、歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階

「歯医者から感染の恐れ」:オーストラリアでの出来事

《HPは一番下からリンクできます》
報通のドクターから「こんなニュースありました」ときいて早速確認してみました。

    「!」ちょっと唖然としてしまった。

   『歯科受診した1万1000人にHIV感染の恐れ、豪シドニー』
    (7月2日 ATP通信様より参照 )
シドニーの歯科医の感染症問題のニュース

7月2日の記事だが、結局は器具の消毒が不適切であったということだがそれにしても人数がすごい。

治療器具の消毒滅菌は、マンパワーとコストがかかる割に外部から分りづらく、しかも評価されにくく(やっていて当たり前と思われることが多く、実は健康保険にもコストは反映されていません…)


マネージメントする側としてはいつも苦労する所であることは確かなのですが、これは「絶対条件」なので外すことはできない部分です。

このニュースを見て、2000年に医院の引き継ぎと同時にタービンヘッド(切削用の器械)を大量導入し、消毒滅菌システムの構築でかなり苦労したことを思いだしました…。 

そうそう、「当たり前」のことが実は一番大事。




HPはこちらから⇒大手町、丸の内で消毒滅菌にこだわる歯科、歯医者 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階

「虫歯菌、脳出血に関与」:日経新聞社様

《HPは一番下からリンクできます》

虫歯菌のミュータンス菌

月6日の日本経済新聞様:
『虫歯菌、脳出血に関与 新たな予防法に期待(国立循環器病研究センター)』の見出し記事を目にしました。

 簡単に内容をいいますと…

虫歯菌の代表格の「ミュータンス菌」はお口の中にいるが、”口の中から→ 血流で全身を回り→ 脳の血管をに到達し血管をもろくする” という働きをし脳出血に関与する。 というものです。

お口の中には常に400〜700種類の細菌がおり、その内の数種類が体をめぐり、全身の病気に関与(※@)しているといことは、以前から指摘されていることで、私たちにとっては”常識”なのですが、一般の方は知らない方がまだ多く、記事になることは健康管理にはプラスになり、良いことだと思います。

特に健康寿命を延ばすためには、しっかり歯の治療をおこなうことが必要で、なおかつ治療する価値は思った以上にある、ということです。

         健口(けんこう) = 健康(けんこう) であり
     そして    健康寿命  = 寿命  に近づけたいものです。

※@:その他代表的なものとしては(他にもありますが)
   日本人の死因の第2位は”肺炎”ですがその7割は”誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)”で、お口の中の細菌や、入れ歯に付着した細菌が原因です(ちなみに死因の第1位は”がん”です)。寝たきりになった方が”カゼをこじらせて肺炎”でお亡くなりになる多くのパターンです。 


◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内の歯科 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階

インプラント周囲炎とは?:NHKニュース

《HPは一番下からリンクできます》

〜以下の画像はNHK様より引用させて頂きました〜

インプラント周囲炎2016年11月NHKニュースの画像11月8日の「いい歯」の日にNHKで
      「インプラント周囲炎(しゅういえん)」の関連のニュース があったと聞きさっそく確認してみました。

インプラント周囲炎とは、インプラントの術後の合併症(トラブル)のうちの一つで、一言でいうと「インプラントが歯周病になった状態」を表します。

 歯周病は「歯ぐきの骨が溶ける病気」なので、インプラントの場合は「インプラントを支えている骨が溶ける」ことになります。なので進んでしまうとインプラントが ”グラついて” 動き始め、そのまま放置してしまうとインプラントが取れて使えなくなります

インプラントのメリットの一つに「虫歯にはならない(チタン合金なので)」がありますが、「歯周病」には天然の歯と同じくなる可能性があり,一度なってしまうと天然の歯より進行が早いので要注意です。
 
   気になるのニュース(WEB上ですが)の内容ですがこんな感じでした...

【要点】
 @これまでインプラントをおこなった方は国内で300万人。
  (およそ100人に2、5人)

 Aインプラントをおこなった部位で歯ぐきに炎症がある方が約40%存在した。
  (日本歯周病学会調査、調査対象267人、おこなってから3年後の方を対象)

 B267人中9.7%の方がインプラントの周りの骨が溶ける「インプラント周囲炎」だった。
  (インプラントを支えている骨が溶けてしまう、通常元には戻らない)

 Cインプラントを行った方は治療後も継続的な管理(トラブルを避けるために)が必要。
  (調子が良いからと言って、定期的なチェックに行かなくなるのはトラブルの元)


 以上の内容でしたが、実は目新しいことでなく、「インプラント周囲炎」の報告は1994年ころからあり、もうその頃からインプラントを行う前には「しっかり」歯周病の治療を完了しておき、インプラントの治療が終わった後も継続的な管理(メインテナンス)をおこなうことがスタンダードでした。

 当院は1997年(平成9年)のインプラント導入時より、一貫して「歯周病の治療終了⇒インプラント治療⇒継続的管理(メインテナンス)」のステップでを行っていますが、その理由はここにあります。
 
 インプラントをご希望される方に「その前に歯周病治療からおこなう」理由を説明してもなかなか伝わりにくい(自覚症状がないことが多いので)ことは昔も現在も同じですが、患者さんの将来を考えるとどうしても飛ばせないステップです。   
  
   治療期間がかかっても、生涯「いい歯」でありたいものです。

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒日本の名医100選(インプラント部門)に選ばれた東京の歯医者(歯科)大手町デンタルクリニック(大手町歯周病インプラントセンター併設)| 東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階

歯の数が多い人は医療費が少ない事実が判明

《HPは一番下からリンクできます》

〜画像は日本歯科医師会発行の11月の日歯広報(にっしこうほう)から引用させて頂きました〜

歯の数が多い人は医療費が少ない(ビックデーターから)ックデータ(※@)から判明した内容が今月の日本歯科医師会発行の日歯広報(にっしこうほう)に掲載されました。

 一言でいうと、「歯が多く残っている人は、(医科の)医療費が少ない(※A)」ことがわかった。という内容でした。

 内容の要点は
  ・歯の本数が20本以上の人と19本以下の人の医療費
   (歯科以外の医科の治療費)を比較(通常は28本)。
  ・19本以下の人は明らかに一か月の医療費が高かった。
  ・40〜44歳代で最も差が多く1.2〜1.3倍高かった。


勝手に読み解いてみると
「歯が良い人(歯が多い人)は、お体も健康なことが多くしたがって医療費がかからない」
が言えるかもしれません。
 
    出費は極力「抑えたい」ものです。

  ※@ナショナルデーターベースを分析、日本歯科総合研究機構が報告。
  ※Aこれまでにも以下の関係は報告があります。
    ・歯の数と循環器疾患
    ・歯の数と認知症
    ・歯周病と糖尿病
 

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内、大手町の歯科大手町デンタルクリニック(大手町歯周病インプラントセンター併設)| 東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階

歯の切削機器使い回し関連のその後:7月2日読売新聞様より

《HPは一番下からリンクできます》
歯科用切削機器使い回し問題、読売記事2017年7月2日

 【2017年7月2日(日)の読売新聞様の記事より引用させていただきました】

科用切削機器(専門的には、タービンヘッド、ハンドピース、といいます)関連の続報(2014年から)の記事を見つけました。

 下はその歯科用切削機器(歯科用切削機械、タービンヘッド、ハンドピース)です。
歯科用切削機械、歯科用切削機器、歯を削る道具の画像


内容を簡単にまとめると

・歯を削る機器の先の部分は唾液や血液に触れる部分になるため、使い回せば次患者さんに細菌やウィルスが感染(移す)リスク(可能性)がでる(アルコールで拭くだけでは不十分)。

・患者さん毎に交換している歯科医院は
  2012年は31% ⇒ 2017年は52% となり患者様ごとに交換する歯科診療所が増えた。


との内容になります。
  
5年間の間に「毎回交換が 3件に1件 ⇒ 2件に1件」となったとの結果になるわけですが、これが多いのか少ないのかは意見が分かれるところだと思います。

 (米国では毎回交換が義務付けされてますが、日本はそうではないのが現状です。例えば外科手術で一回使用したメスなどを消毒薬で拭いて⇒次の患者さんに使用するのはあり得ないですよね)

 本来は100%のクリニックでの実現が理想なのですが、実際おこなうにはハードルが高く、それに伴うコスト(※)はすべてクリニックの持ち出しになります(治療費には反映されていない事実)。

 行政が健康保険の制度自体の改善をしてくれないと「やりたくてもできない」ところが多いのが現状だと思います。

そのハードルが高い理由は..
 
・切削機器(タービンヘッド、ハンドピース)が高価であるため。
 1機器あたりの定価:9〜16万円(メーカー、性能により違います)× 本数分(治療用イス、ユニットの数×2倍 の本数は最低必要、修理等も考慮)が必要(診療用イスが2台であれば最低4本は欲しい、ギリギリですが)。

・実際は「本数そろえるだけでOK」ではなく、機械(高速回転するのでデリケート)なので@「洗浄」A「滅菌」B「注油」C「空吹かし」の各工程を毎回おこなう必要があるため「滅菌」だけでは実は不十分である(全自動の機械でおこなう or 人の手で注油+空吹かし,が必要。しないと短期間に壊れます)。

・切削機器だけでなく、「超音波スケーラー(歯石をとる機器)」「コントラ(歯を磨く機器)」なども同様の本数が必要になる。

・スタッフの負担が増える、もしくは人員を増やす必要がでてくる。

・大勢の人数を治療するには適さない診療システムになる(1日に治療できる人数が限られる)。

 以上が挙げられます。どちらにしても言えることは

毎回交換しているところは

   「医療として妥協できない点なので、採算が合わなくてもおこなっている」

というクリニックということです。

※大まかに見積もってもイニシャルコストは150〜200万円程度はかかる。 

参考:下は実際の当院の歯科用切削機器(+歯石を取る機器and歯を磨く機器)の滅菌の方法になります(治療用のイスは旧機種)。



【大きい画面はこちらからご覧いただけます】


◆メルマガご登録(無料)はこちらから⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから⇒東京都で歯科用切削機器を患者様ごとに交換している歯医者、歯科 | 大手町デンタルクリニック(大手町歯周病インプラントセンター併設)東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
  
 カテゴリ
 タグ

インプラント周囲炎の原因は細菌だけではないことが判明

《HPは一番下からリンクできます》
トーマス・アルブレクトン教授
11月26日(日)はノーベルバイオケア社様(インプラントメーカー)主催の学術講演会に出席させていただきました。

内容は “インプラント周囲炎“ に関してで、海外からスウェーデンのイエテボリ大学 トーマス・アルブレクトン 教授(※1)をはじめ3名の演者が講演されました。

(※1)トーマス・アルブレクトン教授:インプラントを世界で初めておこなった(1965年)故ブローネマルク教授の元で研究をされる。

インプラント治療を長持ちさせるためには、「インプラント周囲炎(※2)」を防ぐことが大切になりますが、今までは歯周病と同じで「細菌」の侵入が主な原因とされていたが、最近の研究ではそれ以外の因子もわかってきたという内容でした。

(※2)インプラント周囲炎:インプラントを支える周りの骨が溶けて無くなる。
   進んでしまうとインプラントがグラグラしてくる。さらに進むと自然に取れてしまう。

内容をまとめると、

「いままで細菌が唯一の原因と考えられていたインプラント周囲炎だが、体の免疫反応によりおきることもわかってきた。研究や論文をみてみると、いままでどおり、喫煙、細菌も大きく関与しているが、歯科医師の技術の差、服用薬(※3)、腐食、物理的な力、等の様々な因子がわかってきた。」

 (※3)服用薬:H2ブロック剤などで胃酸を抑える薬(胃薬)、石灰化した骨を溶かす作用もある。

インプラント周囲炎 = 免疫反応+タバコ+細菌+技術+力のかかり方+薬+材料、等(※4)

 以上のように多くの因子があるということです。

 (※4)島倉独自のまとめ

 
長く使用(※5)していると、お体の調子の変化や、飲み薬の有無、など全身の変化もでてくるので、(お体全体の骨の代謝も変わる可能性があるので)インプラントの周りの骨の状態を確認するためにも、1〜2年ごとのレントゲン撮影と3〜4ヶ月おきのメインテナンス(継続管理)、が必要になるわけです。

(※5)当院の場合、最長19年経過されている方が今もお使いいただいております。

◆「インプラント周囲炎を防ぐ5つの方法」◆⇒はこちらからご覧いただけます。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内から徒歩1分、大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

歯周病で認知症が悪化することが解明

《HPは一番下からリンクできます》
歯周病と認知症の関係2018年1月朝日新聞

様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

新年早々から歯に関してのニュースになりますが、1月6日の朝日新聞様に記事が掲載されていました。

内容を一言でいうと

「認知症(アルツハイマー病など)の症状を歯周病が悪化させるメカニズムが分かった」
ということです。

もともと歯周病が進むと認知症が悪化する傾向があることはわかっていましたが、
「なぜそうなるのか?」の詳細がはっきりしたということです。

もう少し細かくいうと、歯周病菌のだす毒素が体内の血管を通じ全身を巡り、
脳の神経細胞にも影響し、神経細胞が徐々に死んでいき認知症が
悪化するというメカニズム、であることがわかったということです。

「痛みも腫れもないが、歯周病の治療をしたほうが良い理由」は、
このほかにも多くありますが、歯周病の治療が全身の健康にプラスの影響
があることは間違いないという事実になります。

  体の入り口=健康の入り口、にしたいものです。

※正確にいうと「アミロイドβ」という脳内の「ゴミ」のたんぱく質が増える。
 

◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒東京で専門的に歯周病治療をするなら大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階

口の衰えがあると死亡リスクが2倍になることが判明

《HPは一番下からリンクできます》
歯の衰えと寿命の関係の新聞記事

の機能が衰えると死亡リスクが約2倍になっていたというデータが明らかになりました。

※画像は朝日新聞様2018年1月10日の記事より引用させていただきました。

東京大学などの研究チームが約2000人を対象にした調査で分かったとのこと。

一言で言うと「歯が良い方は健康で長生きしやすい」ということになりますが、

もう少し詳しく言うと、口の動きが衰えてくると食事の量が減り、肉類の摂取が減る傾向があり栄養状態が偏るためとの見解です。

常識的に考えても
食事の量、質の低下→ 栄養が偏る→ 体力の低下、健康状態の悪化→ 死亡リスクの上昇 
の連鎖は考えるに難くない所です。

今回は研究によりその連鎖が「証明」されたということになります。

良く体の衰えは「眼」「歯」から始まるといわれますが、まさにその通りの結果です。

歯の場合は若い時からの予防や治療内容などが影響しやすい分野ですので、早めの
アプローチにより良い状態が保てるところがミソ。

  将来のことを考えて、早めの準備が「吉」。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町の歯医者、大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
メルマガバナー.jpg歯医者選びが難しい理由がわかります(全8回)
Copyright © 大手町、東京駅、丸の内の歯科医ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます