お知らせのカテゴリ記事一覧

大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。

カテゴリ:お知らせ

お知らせのカテゴリ記事一覧。大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。
大手町駅C11出口は工事中

2014-11-08 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》11月に入り気温も低くなりました。地下からおこしになる方も多いと思います。現在、地下鉄大手町駅のC11出口は工事中なので使用…

記事を読む

ページデザイン一新!

2017-01-03 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》ぺ−ジデザインを一新しました。このページもちょうど3年経過したこともあってデザインの変更を休み中にトライしてみました。  上…

記事を読む

2台目の歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)

2017-03-26 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》今月2台目の歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を設置いたしました。これでドクター1人に1台体制になりました。主に歯の根の治療時…

記事を読む

口臭治療研修会に出席してきました。

2017-12-03 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》12月3日(日)は口臭治療の研修会(大阪)に出席させていただきました。※画像はそのときの様子 口臭といっても原因は多数あり、…

記事を読む

千代田区休日応急診療に行ってきました

2018-01-08 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》本日は千代田区休日応急歯科診療にいってきました。※画像は千代田区保健所になります。千代田区の医師会、薬剤師会、歯科医師会の先…

記事を読む

医科歯科連携研究会に出席してきました

2018-02-04 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》2月4日(日)は医科歯科連携研究会に出席してきました。※画像はその時の様子。講演のテーマは歯科:「知っておきたい!歯周病と全…

記事を読む

大手町駅C11出口は工事中

《HPは一番下からリンクできます》
東京都千代田区大手町、丸の内の歯医者(歯科)入り口.jpg11月に入り気温も低くなりました。地下からおこしになる方も多いと思います。

現在、地下鉄大手町駅のC11出口は工事中なので使用できない状況です。ご不便をおかけいたします。


一回地上にでないといけないのですが、C8、C12出口は使用できますのでこちらをご利用ください。

これから年末にかけて、体調を崩される方が多くなり歯の痛みも出やすくなる季節です。体調には十分お気を付けください(風邪、寝不足、忘年会の連続、などお痛みのきっかけになります)。

HPはこちらから⇒丸の内から徒歩1分の歯科(歯医者) | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科) 
東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階

ページデザイン一新!

《HPは一番下からリンクできます》

丸の内、大手町の歯医者のブログページのデザイン−ジデザインを一新しました。


このページもちょうど3年経過したこともあってデザインの変更を休み中にトライしてみました。

 
 上手く反映できるかどうか少し心配でしたが、なんとかクリアできた様子です。 
    
             より見やすくなれば幸いです。

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒ 丸の内 大手町デンタルクリニック 東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

2台目の歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)

《HPは一番下からリンクできます》

東京都で歯の根の治療で歯科用顕微鏡を使う名医月2台目の歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を設置いたしました。

これでドクター1人に1台体制になりました。

主に歯の根の治療時に使用するのですが、使用頻度が多くなったための増設です。


顕微鏡導入前は拡大鏡(眼鏡タイプ 2.5倍)を使用していましたが、顕微鏡(21倍)と併用して使ってみた感想ですが...

 @昔根の治療したにもかかわらず良くならなかった歯の原因が発見できる。
  → 歯の亀裂、穴、汚れの取残し、細い神経(0.1o程度)の管の発見、等

  昔神経を取った歯の治療時ですが拡大鏡で見えないような「亀裂や溝(0.1〜0.2o)」が
  顕微鏡で結構見つかることが多いです。

 A精密(ミクロン単位)な作業が可能になる(顕微鏡専用の器材が必要になりますが)。
  
   根の内部は「グランドキャニオン」みたいな「溝」がある場合があり
   器具が到達しにくく、きちんと汚れを取り除けているか確認ができる
   ようになる。

 B普段説明し難い「歯の内部の状態」をご説明できる。  
  
   拡大画像でご説明すると、みなさん驚きます。リアルタイムで治療も見れます。

  などが挙げられます。
  
  もちろん従来の治療の手順でもしっかりと行うことにより良い成果はでます。
    ただ...
  「根の治療の難症例」対応や「成功率を極力上げたい」場合は強力な助っ人に
   なることは間違いありません。

    もちろん欠点もあります。
    それは、治療時間が延びることです(細かい作業が連続するため)。

   「実際どう見えるのか?」のイメージは当院のホームページ「根の治療ページ」に動画をアップしておりますのでご興味のある方はどうぞご覧ください。

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒東京で歯の神経の治療に歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)使う歯科(歯医者) | 大手町デンタルクリニック東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

口臭治療研修会に出席してきました。

《HPは一番下からリンクできます》
口臭治療研修会参加時の様子

12月3日(日)は口臭治療の研修会(大阪)に出席させていただきました。
※画像はそのときの様子

 口臭といっても原因は多数あり、一つ一つ原因を見つけ、無くしていくことが鉄則になります。もちろん、全身の病気が原因のときもあるし、健康な方でもおきることがあります。

 生活習慣や食生活も関与するので、原因をあげれば「キリが無い」位です。

そのため、口臭治療でもっとも時間をさくところは、口臭の原因を特定するための「検査」になり、さまざまな、測定機器や機材を使用し原因を探していきます。

 検査項目が多くなれば精度は上がりますが反面時間がかかります(しっかり特定するためには、2時間ほどお時間をいただくこともあります)。

 「原因が分かって、初めて解決方法がわかる」ことはどんな治療でも同じですが、口臭治療に関しては少し複雑になります。


◆「気になる口臭、その3つの原因」◆⇒はこちらからご覧いただけます。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒口臭治療を東京でおすすめ 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ

千代田区休日応急診療に行ってきました

《HPは一番下からリンクできます》
千代田区休日応急歯科診療

日は千代田区休日応急歯科診療にいってきました。

※画像は千代田区保健所になります。

千代田区の医師会、薬剤師会、歯科医師会の先生方が当番制でおこなっているものです。

日曜祝日は通常のクリニックがお休みになる訳ですが、お痛みやトラブルは待ってくれません。
医科、歯科ともにおこなっています。

季節がらインフルエンザが流行ってきているので、医科の先生はいつもながらお忙しそうでした。

場所は千代田区保健所内の2階にあり、午前9時から受け付けています(まず電話で問い合わせ)。

地下鉄「九段下」駅下車徒歩1分です。少し路地に入っていて分かりづらいですが交差点にある地図に載してあります。

緊急時のために覚えておくと良いでしょう。

 詳しくはこちらからご覧いただけます→千代田区保健所様HP


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町の歯医者 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ

医科歯科連携研究会に出席してきました

《HPは一番下からリンクできます》
医科歯科連携研修会参加時の様子

月4日(日)は医科歯科連携研究会に出席してきました。
※画像はその時の様子。

講演のテーマは

歯科:「知っておきたい!歯周病と全身疾患のただならぬ関係」
   (神奈川歯科大学 教授 三辺 正人 歯科医師)
医科:「抗菌薬適正使用とは何か」
   (神戸大学大学院 教授 岩田 健太郎 医師)

以上の内容でした。

一言で言うと
 「歯周病の炎症、歯周病菌は全身疾患に影響する」
 「抗菌薬(化膿止め)の使いすぎに注意」

でしたがもう少し解説すると

 ・お口は消化器官の入り口であり、外部から物が最初に入る部分なので体のなかで細菌が1番多い場所。
 ・小腸、皮膚も細菌が多い場所である。
 ・通常、体は常在菌で保護されているため、細菌(有益な細菌)がいた方が実は良い。
 ・もちろん中には有害な細菌もいるので、お口→全身、へと巡ってリスクが増える。
 ・したがって、健康を維持するにはお口の病気(特に歯周病)は見過ごしてはいけない。

お口の中の細菌は、歯ぐきの血管から全身をめぐるだけでなく、唾液と共に飲み込むものなので小腸まで到達することもあり、その場合、腸のなかで活性化することもわかってきたとのことです。

 ・抗菌薬は1910年に世界で初めて応用され、その後多くの命を救ってきた。
 ・現在では応用範囲が広がり、命に別状がないが症状改善のため処方することも多くなってきた。
 ・使用範囲が広くなるにつれ、耐性菌(抗菌薬が効かない細菌)が増加してきている。
 ・現在は抗菌薬の使用方法を再び考える時期にきているのではないか?

 病気は基本的にお薬を使用しないで治ればベストなのは言うまでもないですが、必要な場合ももちろんある訳で、その使用方法にまつわる「診断」の方が優先順位が高いという結論。

  しっかりと治療すれば、歯周病の約80%は抗菌薬を使用しなくても良くなるので、当院で抗菌薬はほとんど使用しない理由はここにあります。



◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒歯周病治療を東京でするなら、大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
メルマガバナー.jpg歯医者選びが難しい理由がわかります(全8回)
Copyright © 大手町、東京駅、丸の内の歯科医ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます