Dr.島倉 講演記録のカテゴリ記事一覧

大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。

カテゴリ:Dr.島倉 講演記録

Dr.島倉 講演記録のカテゴリ記事一覧。大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。
講演風景(文京シビック)

2013-12-30 Dr.島倉 講演記録
2012年文京シビック大ホールでの講演風景です。700名以上の方がいらっしゃいました。ご清聴ありがとうございました。大手町、東京駅の日本ビル歯科新しいHPはこ…

記事を読む

スタディーグループ救歯会

2014-03-14 Dr.島倉 講演記録
所属しているスタディーグループ救歯会(きゅうしかい)は毎月研究会(千駄ヶ谷桜門会館)をおこなっています。今月は私を含め4人の会員の先生方が講演をおこないました…

記事を読む

東京歯科保険医協会第42回定期総会

2014-06-22 Dr.島倉 講演記録
《新しいHPは一番下からリンクできます》6月21(土)におこなわれた東京歯科保険医協会42回定期総会に出席いたしました。昨年に引き続き議長の指名を受け議事の進…

記事を読む

10年先を考える

2014-07-06 Dr.島倉 講演記録
《新しいHPは一番下からリンクできます》7月5日(土)クロス・ウェーブ府中で開催された「臨床歯科を語る会」の「10年先を考える」分科会で講演させていただきまし…

記事を読む

東京歯科保険医協会研修会(2015年3月)

2015-03-27 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》22日(日)は東京歯科保険医協会主催の研修会に講師として出席させて頂きました。年に3回ほどある研修会ですが、今回の内容はカル…

記事を読む

救歯会例会(2015年6月)

2015-06-05 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》6月3日は所属しているスタディーグループ救歯会(きゅうしかい)の研究会(千駄ヶ谷桜門会館)で発表をおこないました。写真は発表…

記事を読む

東京歯科保険医協会第43回定期総会

2015-06-25 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》6月21(日)におこなわれた東京歯科保険医協会43回定期総会に出席いたしました。昨年に引き続き議長の指名を受け(3年目になり…

記事を読む

19、20日は研修会講師として招かれました。

2015-07-22 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》3連休の19、20日の2日わたり東京歯科保険医協会主催の研修会(会場:高田馬場)に講師として出席させて頂きました。※画像左上…

記事を読む

歯周病治療の3つのハードル

2015-10-17 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》3連休最後の10月12日(祝)は東京歯科保険医協会(※@)主催の研修会(会場:高田馬場)に講師として出席させて頂きました。※…

記事を読む

歯周病の治療法ってどんなものがあるのか?

2016-01-11 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》1月10(日)11日(祝)は今年1回目の東京歯科保険医協会(※@)主催の研修会(会場:高田馬場)に講師として出席させて頂きま…

記事を読む

東京歯科保険協会第44回定期総会

2016-06-27 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》6月19(日)におこなわれた東京歯科保険医協会44回定期総会に出席いたしました。昨年に引き続き議長の指名を受け(4度目になり…

記事を読む

インプラントを長持ちさせる方法

2016-10-30 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》今月所属しているスタディーグループ救歯会でケースプレゼンテーションをおこなってきました。 画像は準備の時(プロジェクターの調…

記事を読む

その治療は何年もつか知ってますか?

2017-09-01 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》8月の25〜27日の3日間は所属しているスタディーグループ救歯会のサマーセミナー(研修会)が山中湖であり、私も3日間参加させ…

記事を読む

研究会でプレゼンをしてきました

2018-01-21 Dr.島倉 講演記録
《HPは一番下からリンクできます》1月17日は所属する救歯会研究会でケースプレゼン手―ションをしてきました。※画像はその時の様子。発表のテーマは「歯周病の方に…

記事を読む

講演風景(文京シビック)

講演会、評判の歯科へ@講演会、評判の歯科へA2012年文京シビック大ホールでの講演風景です。700名以上の方がいらっしゃいました。

ご清聴ありがとうございました。

大手町、東京駅の日本ビル歯科

新しいHPはこちら⇒丸の内の歯科、歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)

スタディーグループ救歯会

歯医者の選び方.jpg所属しているスタディーグループ救歯会(きゅうしかい)は毎月研究会(千駄ヶ谷桜門会館)をおこなっています。今月は私を含め4人の会員の先生方が講演をおこないました。

北は青森県、南は愛知県から総勢50名弱の先生が参加されます。創立20周年記念時には記念講演会、記念誌の出版をおこないました。

救歯会の特徴は「治療後の経過」が重要視される点です。今回「治療後10年以上」の講演された先生が4名中3名でした。

治療終了後どれだけ長持ちしたかが、本当の意味での「治療の成果」というコンセンサスです。

自動車で喩えると、新車時は良くて当たり前、数年乗ってみてどうだったか?が大切ということと似ているかも知れません。車は買い換えができますが天然の歯をはそういかないところが悩むところです。

(写真は講演前の私。歯周病インプラントについてプレゼンさせて頂きました。10年間のデーターは膨大な量になり整理するだけでも困難・・・です。)
大手町、東京駅の日本ビル歯科
新しいHPはこちら⇒丸の内の歯科、歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)

東京歯科保険医協会第42回定期総会

《新しいHPは一番下からリンクできます》
東京千代田区の歯医者、名医.jpg6月21(土)におこなわれた東京歯科保険医協会42回定期総会に出席いたしました。昨年に引き続き議長の指名を受け議事の進行役を務めさせて頂きました。

出席された会員の先生方のご協力もありスムーズに進行ができました。ご協力に感謝いたします。

 
 総会後のシンポジウム、懇親会に参加できなかったのが少し残念…。

※東京歯科保険医協会:東京都内の約5000名からなる歯科医師の団体。

新しいHPはこちら⇒丸の内の歯科、歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
             東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

10年先を考える

《新しいHPは一番下からリンクできます》
丸の内、大手町、東京駅の歯周病、インプラントの名医.jpg7月5日(土)クロス・ウェーブ府中で開催された「臨床歯科を語る会」の「10年先を考える」分科会で講演させていただきました。

内容をひと言でいうと「治療10年後を予測できているか?」になります。

もっと平たくいってしまうと「その治療10年持ちますか?」になるわけだが、結局のところ先のことは誰にもわからなく、予測の精度を高めることにつきるのだが、答えは10年経過後にはじめて実証できることなので非常に「骨が折れる」講演内容だ。

50歳代から歯の喪失傾向は大きくなるので、その年代の方の治療は極めて重要になる。20〜40歳代の治療はまだ「歯もそこまで使用してない」のであまり差がでない。ただ20歳代の方もいずれは50歳になるわけで将来治療しないですむよう予防処置は必要だろう。

 10年後の自分の健康予測ができれば目の前はかなり明るくなる。

 ※臨床歯科を語る会:全国の歯科医のスタディーグループが一同に集まる会。今年は約200名参加。
新しいHPはこちら⇒大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科) 
東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階

東京歯科保険医協会研修会(2015年3月)

《HPは一番下からリンクできます》

東京でおすすめの歯医者.jpg22日(日)は東京歯科保険医協会主催の研修会に講師として出席させて頂きました。

年に3回ほどある研修会ですが、今回の内容はカルテ記載などの基本の解説をさせて頂きました。これまで学会などの学術的な内容が多かったのですが、いろいろな方面からの依頼も増えてきました。

遠路、福岡から参加された先生もあり、土日のお休みを利用しての参加ありがとうございます。


※東京歯科保険医協会:東京都内の約5,000名の歯科医からなる団体。

HPはこちらから⇒丸の内、大手町の歯科 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階

 カテゴリ
 タグ

救歯会例会(2015年6月)

《HPは一番下からリンクできます》
入れ歯の名医.jpg6月3日は所属しているスタディーグループ救歯会(きゅうしかい)の研究会(千駄ヶ谷桜門会館)で発表をおこないました。
写真は発表直前の様子です。

発表内容をわかりやすく言うと「お作りした入れ歯の18年後」になります。18年間作り替えすること無く同じ入れ歯をお使い頂いている訳ですが、そのためにはフォローアップはかかせません。



何でも食べられる入れ歯.jpg

80歳を過ぎた方ですが現在でもこんなものを食べています。

※ちなみに特注の入れ歯です。





     HPはこちら⇒良く咬めて、長持ちする入れ歯なら大手町デンタルクリニック
    東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

東京歯科保険医協会第43回定期総会

《HPは一番下からリンクできます》
東京の歯医者、名医
6月21(日)におこなわれた東京歯科保険医協会43回定期総会に出席いたしました。昨年に引き続き議長の指名を受け(3年目になりますが)微力ながらお力添えさせて頂きました。

今年は役員改選の年でもあり、議事が多かったのですが時間内に終了でき無事閉会まですすめることができました。参加された会員の先生方に感謝いたします。


総会の前には中医協 前会長 森田朗 氏(国立社会保障、人口問題研究所長)のご講演があり、医療を取り巻く環境とこれからの方向性についてのお話がありました。今後は在宅医療、医科歯科連携、口腔の機能の維持と向上、歯を失うリスクの軽減、などがポイントなるだろうとのことでした。

そうなんです、単に長生きというよりは、「健康寿命」がのびることが大切…。

※東京歯科保険医協会:東京都内の約5000名からなる歯科医師の団体。

※中医協(ちゅういきょう):「中央社会保健医療協議会」の略。(わかりやすく言うと)ここで「保険証」でおこなえる治療の 範囲と費用が決まり、それ以外は自由診療となる。20名で構成される。

HPはこちらから⇒東京の歯科(歯医者) | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
             東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

19、20日は研修会講師として招かれました。

《HPは一番下からリンクできます》

東京の歯周病の名医連休の19、20日の2日わたり東京歯科保険医協会主催の研修会(会場:高田馬場)に講師として出席させて頂きました。

※画像左上が私

内容は新たに開業される若手の先生方向けの研修会で、診療の内容、臨床所見の記録の手順、治療の順序などを解説させていただきました。

特に治療の順序(プライオリティー)はすぐに冠を被せたり入れ歯を作ったりするのではなく(患者さんとしては早く入れてほしいとの希望はもちろん多いのですが)、土台になる歯をまずしっかりさせることが、長持ちにつながり、結局はやり直しが無くなるので患者さんの利益になります。

回数はかかりますがステップを飛ばさず予防治療と歯周病の治療をきちんと行うことが原則です。

今回、キャリアが50年を超える大ベテラン先生も参加されており、会場の定員を超える51名の参加者でした。日、祝のお休みを利用しての2日間の参加ありがとうございました。

※東京歯科保険医協会:東京都内の約5,000名の歯科医からなる団体。

HPはこちらから⇒歯周病治療をしてから冠を被せる歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

歯周病治療の3つのハードル

《HPは一番下からリンクできます》

東京で歯周病の名医連休最後の10月12日(祝)は東京歯科保険医協会(※@)主催の研修会(会場:高田馬場)に講師として出席させて頂きました。

※画像は歯周病の治療の流れを解説しているところ。


内容は「一般処置」「外科」「歯周病」などの解説をさせていただきました。

特に歯周病(歯槽膿漏)の治療に関しては、すでに治療システムが確立されており、各ステップを飛ばさずにしっかり行えば(難しいケースでなければ)まず良くなります。

ただし、以下のハードルをクリアする必要があります。
 @患者さんご自身のホームケア(お手入れ)のご協力が得られるか?
  (お手入れのクオリティーが大切になります)
 A治療回数がかかることを患者さんにご了解してもらえるかどうか?
  (見た目だけで無く、歯ぐきの骨の改善には最低3ヶ月程度かかります ※A)
 B治療終了しても継続的(3,4ヶ月に1回程度)に通院できるかどうか?
   (歯周病は再発しやすい病気のため)
  以上のハードルがクリアできれば、あとは「クリニックの技術」次第で歯周病の80%は良くなります。
 
今年3回目の講演になりましたが、3連休にもかかわらず32名の先生方に参加していただきました。
ありがとうございます。

※@ 東京歯科保険医協会:東京都内の約5,000名の歯科医からなる団体。
※A 歯ぐきの骨が良くなるまで3〜6ヶ月以上かかり、治療⇒骨の改善までのタイムラグがあるため。

HPはこちらから⇒東京で歯周病(歯槽膿漏)治療なら | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階

歯周病の治療法ってどんなものがあるのか?

《HPは一番下からリンクできます》

歯周病治療の講師をしたときの写真月10(日)11日(祝)は今年1回目の東京歯科保険医協会(※@)主催の研修会(会場:高田馬場)に講師として出席させて頂きました。

※画像は歯周病の治療の流れを解説しているところ。


内容は「一般処置」「手術」「歯周病」などの解説をさせていただきました。


 歯周病(歯槽膿漏)の治療ってどんなものがあるのか?
少しご説明いたします。


                 歯周病の治療のいろいろ  
      ■専門用語でいうと■             ■簡単にいうと■
 レントゲン検査         ⇒     レントゲン撮影(専門的には10〜14枚撮影します)
 歯周病検査           ⇒     歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さを測ります
 口腔内写真検査         ⇒     デジタルカメラなどで写真を撮影します
 プラークコントロール      ⇒     ご家庭でのお手入れ(ホームケア)
 スケーリング          ⇒     歯石(目で見える範囲)を取ります
 スケーリング・ルートプレーニング ⇒ 歯石(目に見えない歯ぐきの中の)を取り、根の部分をなめらかします
 薬剤の局所投与         ⇒     注入式のお薬を歯ぐきに入れます
 咬合調整(こうごうちょうせい) ⇒   咬み合わせを調整し、歯の負担を減らします
 暫間固定(ざんかんこてい)   ⇒     となりどうしの歯を接着材でつなげます
 歯周外科(ししゅうげか)    ⇒     歯ぐきの手術です
 歯周組織再生誘導手術(ししゅうそしきさいせいゆうどうしゅじゅつ)
                    ⇒     歯ぐきの手術の内、歯ぐきの骨を再生させます
 歯周治療用装置(ししゅうちりょうようそうち)
                    ⇒     治療中の仮歯(かりば)
 歯周病安定期治療(ししゅうびょうあんていきちりょう)
                    ⇒     歯周病を再び悪くしないように定期的にきていただきます

 このように歯周病の治療法は多くありますが、もちろんすべてを行なうことはあまりなく、それよりも適切な”治療の順序”や各治療の”クオリティー”で治りが左右されます。
 
今年に入って初回の講演になりましたが、3連休にもかかわらず定員を超える39名の先生方に参加していただきました。ありがとうございます。

※@ 東京歯科保険医協会:東京都内の約5,000名の歯科医からなる団体。

メルマガご登録(無料)はこちらから⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

HPはこちらから⇒東京で歯周病(歯槽膿漏)治療なら | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階

東京歯科保険協会第44回定期総会

《HPは一番下からリンクできます》
東京でインプラントの名医月19(日)におこなわれた東京歯科保険医協会44回定期総会に出席いたしました。昨年に引き続き議長の指名を受け(4度目になりますが)微力ながらお力添えさせて頂きました。


今年は「規約改定」の議案が提出され、議案も7つと多かったのですが時間内に終了でき無事閉会まですすめることができました。参加された会員の先生方に感謝いたします。


総会後には東京歯科保険医協会会長 松島良二 氏 と 日本歯科医師連盟会長 高橋英登 氏 の記念講演
がありました。

 
※東京歯科保険医協会:東京都内の約5000名からなる歯科医師の団体。

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒日本のインプラント100選に選ばれた東京の歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
             東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

インプラントを長持ちさせる方法

《HPは一番下からリンクできます》
2016年救歯会例会の様子
今月所属しているスタディーグループ救歯会でケースプレゼンテーションをおこなってきました。

 画像は準備の時(プロジェクターの調整)の様子です。

今回の発表内容は「インプラントを使用したケースの10年経過」でインプラントの治療終了後からの10年間の経過報告をおこないました。

結論的には

 「インプラント治療を成功させるには治療の各ステップを飛ばさないことが大切」

ということになります。

 大事なステップは以下3つです。

  @そもそもインプラントの適応症(インプラント治療が必要かどうか)なのかどうかの判断が大切。
   (ブリッジ、入れ歯、などほかの選択肢が良い場合もあります

  Aインプラントをおこなう前に「歯周病の治療」を終了させておくことがあとあとのトラブルを防ぐ。
   (インプラント周囲炎(しゅういえん)にさせないため)

  B治療終了後のフォローアップ(定期的チェック)は必ず必要。
   (冠が入ったら終わりではない、天然の歯、インプラント、共にメインテナンスは必要


もちろん細かな点では

  (1)全身疾患の状態(糖尿病、腎臓病、骨粗しょう症、など場合により医科の治療を優先します)
  (2)常用薬の状態(骨粗しょう症、など場合により休薬します)
  (3)骨の形状(厚み、高さなどをレントゲン、型どり、CTで診査します)

  などの診査が必要なステップになります。

    「治療のステップを飛ばさない(急がない) = 治療の時間がかかる」 ことになりますが

     大事なお体のことなので「治療回数が多くとも、安全確実を優先」が当院のコンセプトです。

インプラントを行い10年間経過が良い症例の発表時の様子、大手町デンタルクリニック

上画像はケースプレ時のもので10年間の経過を表したものです。
(治療後のインプラントも変化なく順調であることに加えて10年間1本も歯を失わないで経過)

左上:初診 
左の列上から2段目:治療開始前 
左の列下:治療終了 
右下:10年後
グラフ:縦軸は歯の本数、横軸は年齢、(歯の喪失のスピードを表す)  


◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒日本のインプラントの名医100選に選ばれた(歯周病インプラントセンター併設)大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階

その治療は何年もつか知ってますか?

《HPは一番下からリンクできます》
救歯会2017年サマーセミナーの様子
月の25〜27日の3日間は所属しているスタディーグループ救歯会のサマーセミナー(研修会)が山中湖であり、私も3日間参加させていただきました。

 テーマは「経過観察から学んだこと」で、私も含め全員がプレゼンをおこないました。

一言で内容をいうと、「あなたのおこなった治療は何年もってますか?」というシンプルなテーマですが奥が深い…。

 なぜかというと

1、そもそも自分がおこなった治療の10年後、20年後、30年後、のデータを保存し、把握している人はごく一部の先生しかいない。(その後の経過をみること自体、奇跡に近い。長年のデーターの蓄積、保存が必要)

2、そのため、治療後の成果(歯を失わない、等)が「希望的予想」の域をでない。
 (結局、先のことはわからないとの結論になりがち)

3、なので、治療して良かったかどうかの判断(検証)ができない。
  (この治療法の選択が良かったのだろうか?→「誰もわからない」となる。)

 たしかに、文献等で長期的なデーターはありますが、結局「他の人」が治療した結果なので、そのまま自分の治療にあてはまるかどうか?が問題で、「一般的には〜いわれてます」の域を出ないのが結論になります(結局だれが治療した上での結果か?が問題)。

最長30年以上(!)前の治療例を拝見しましたが、そのころはもちろんアナログのカメラで、PCも普及してなった時代なので、データ(写真、レントゲン)が残っているだけでも極めて凄いことです。

もちろん、得るものは多く、まるでタイムマシンに乗ったかのように「過去〜現在」の疑似体験ができます。そうすると「なぜ長持ちして経過が良かったのか?」の理由に気づき、「こう治療すると」→「この先はこうなる」がイメージできるようになります。
  
  「希望的予想」 → 「事実からの経験」になります。

 歯は一生使うものなので、10年後、20年後を考えながら治療することが大切。


◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内の歯科 | 大手町デンタルクリニック
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

研究会でプレゼンをしてきました

《HPは一番下からリンクできます》
研究会で発表時の写真、大手町デンタルクリニック

月17日は所属する救歯会研究会でケースプレゼン手―ションをしてきました。

※画像はその時の様子。

発表のテーマは「歯周病の方に歯周病治療とインプラントをおこない、その後の経過」になります。

結論的には、「約10年間トラブルなく経過した」ということなのですが、
「なぜ、経過が良かったのか?」その要因をディスカッションしながら
各先生のご意見を頂きながら分析でき有意義な時間でした。

当院では、治療後も10年以上継続的に通われている(継続管理といいますが)方が
400名弱いらっしゃいますが、治療後のデーターが蓄積してくると、経過が良くなる条件
(または悪くなる条件)の傾向がつかめてきます。

現在、データーをまとめているところですが、まとまり次第ご披露できればと思います。

治療直後はどれも「新品」ですが、プラス「長期使用」に耐えられるかどうかが治療の成果の違いです。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町の歯医者、大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
メルマガバナー.jpg歯医者選びが難しい理由がわかります(全8回)
Copyright © 大手町、東京駅、丸の内の歯科医ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます