《新しいHPは一番下からリンクできます》

生の所は大丈夫だと思いますが・・・。記事読みました?」いつもお世話になっている業者様から電話があった。「何?何?」と思ったが、「タービンの滅菌・・・」「えー、まだそうなんだー」と私。

『歯を削る機器、滅菌せず再使用7割…院内感染懸念』
(5月18日の読売新聞様から引用させていただきました)
歯科用機器の使い回し問題の記事、読売新聞
一言で言うと、タービンヘッド(切削機器、歯を削る道具、ハンドピース)の滅菌と交換問題のことだ。

お口の中は唾液や血液に触れる機会が多く、消毒やアルコールで拭いただけでは死滅しないウィルス(芽胞)もいる。

私も卒業当初(20年以上前ですが)より心配していた点でもあった。

当院では2000年(日本ビル歯科の時代)からすべての患者さんごとに交換しているので今となっては「当たり前」となっていて心配無用なのだが、全体から見るとまだまだ少数派ということか・・・。

当院ではタービンヘッド(切削機器)以外の機器も以前からすべて患者様ごとに交換してますが、そうするとどうしても機器類の本数が必要なります(消毒滅菌している時間は使用できないため)。

以下は当院で使用している機器類の様子です。
大手町の歯医者、歯科の歯科用切削機器の滅菌と消毒の様子
a:当院のタービンヘッド(切削機器、歯を削る道具、ハンドピース)

大手町の歯医者、歯を削る道具の滅菌と消毒の様子
b:タービンヘッド(切削機器、歯を削る道具、ハンドピース)

大手町の歯科、歯医者の滅菌と消毒の様子
c:コントラ(研磨機器、歯を磨く道具)

大手町の歯科、歯医者のハンドピース類の交換の様子
d:超音波スケーラ−(歯石除去用機器、歯石を取る道具)


新しいHPはこちら⇒大手町の歯科、歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)東京都千代田区大手町1‐5‐1 大手町ファーストスクエアWEST1階