予防に対する歯科衛生士の役割@

   「治療後のフォローアップを欠かしません。」

予防処置を含めフォローアップは国家資格を持つ歯科衛生士が担当制でおこないます。            現在4名在籍しております。


虫歯や歯周病歯槽膿漏)の再発防止、歯を「削らない」「抜かない」ようにするには
歯科衛生士の力に負うことが大きく、頼りになる存在です。  



 
素材カルテ3.jpg フォローアップ最長の方は34年間になります。
カルテもかなり厚くなります。 

長くお付き合いすることで些細な変化にも気づくようになります。

結論的には短期的ではなく
「どうやって生涯健康を維持するか」につきると考えています。
大手町、東京駅の日本ビル歯科
新しいHPはこちら⇒丸の内の歯科、歯医者 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)