《HPは一番下からリンクできます》
口臭測定器BBチェッカーのデータの図表

臭の正体とは何か?

お答えいたします。

口臭=不快と感じる呼気(息) のことを指しましすが、一言で言うと、様々な種類のガス成分の集まりになります。

※画像は当院で使用の検査機械の参考データ集

ではそのガス成分は何か?という話になりますが、その種類は多く200〜400におよびます。

以下代表的なガス成分を10種類ほどあげると

@硫化水素(H2S)
Aメチルメタカプタン(CH3SH)
Bジメチルサルファイド(CH3)2S
Cメチルアミン(CH3NH2)
Dアンモニア(NH3)
Eスカトール(C9H9N)
F酢酸(CH3COOH)
G酪酸(C3H7COOH)
Hアセトン(CH3COCH3)
Iアセトアルデヒド(CH3CHO)
(その他にもまだ多数あります)

もしかすると一度は聞いたことのある名称があるかもしれません。

いったいそれは「どんな臭い」がするのか?、

例えば、硫化水素であれば「(硫黄系の)温泉の臭い」であったり、アンモニアであれば独特の「刺激臭」になります。酢酸であれば「汗臭い」臭いになります。

結論的には口臭は様々なガスが混ざった「集合体」で、そのガスの発生元はいったい「どこなのか?」が重要なポイントになります。

気体は目で見ることができないし、発生元は、お口、鼻、のど、胃、肺、と広範囲(歯科〜医科領域)となるので特定することは実は容易ではありません...。

 多くの検査が必要になる理由そこにあります。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒東京で口臭の治療なら 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ