《HPは一番下からリンクできます》
丸の内、大手町の歯医者(破折歯)歯が割れてしまった(破折、はせつ)場合の治療は選択肢が多く慎重に考える必要があります。

なぜなら、歯を残す〜抜歯する、までの両極端の治療方針があるからです。

 
 左の画像は歯が「割れた」状態のイメージで、@〜Bは割れている線を示しています。
 
 
 

 割れ方にもいろいろあり、代表的なものを挙げると
  @ 歯ぐきから「上」のエリアで割れている、場合。
  A 歯ぐきより「下」のエリアで割れているが「縦」には割れていない場合。
  B ほとんど「縦」に真っ二つに割れている、場合。
   
   では、それぞれどのような治療方法が考えられるかといいますと
@⇒問題なく歯を残して治療が可能です(土台を作り、その上に冠を被せます。俗にいう「差し歯」です)。
A⇒矯正治療で歯を引き上ることができれば、歯を残して治療が可能です(上に移動させると⇒@の状態になります)。
B⇒抜歯になるケースが多い。

  判断で難しいのはAからBの中間のバリエーションが多くあるためです。そうすると各歯科医師の判断(専門的には”抜歯基準”といいます)が微妙に異なることが少なくありません。

  ただ一つだけ言えることは、治療の選択肢は他にもあることがあり、
歯が割れた=抜歯しかない」⇒「歯が割れた=割れ方により残る場合もある」が正しいのでお間違いないように。 

HPはこちら⇒大手町、丸の内の大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)