月別記事一覧

大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。

月別アーカイブ:2016年03月

2016年03月の記事一覧。大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。
【動画】なぜ磨いているのに虫歯になるのか?(その2)

2016-03-05 動画で学ぶ歯の教室
《HPは一番下からリンクできます》 動画の続編です。【大きい画面はこちら】なぜ磨いているのに虫歯になるのか?(その2)   ■ English version ■src="https:/…

記事を読む

歯周病治療の本流10のまとめ(ペルランベリ教授講演)

2016-03-20 歯周病の治療とは?
《HPは一番下からリンクできます》3月12、13日(土、日)はスウェーデンのイエテボリ大学(※@)歯周病学のペルランベリ(Prof.Per Ramberg)教授の特別講演会に…

記事を読む

【動画】なぜ磨いているのに虫歯になるのか?(その2)

《HPは一番下からリンクできます》
 画の続編です。





【大きい画面はこちら】
なぜ磨いているのに虫歯になるのか?(その2)

   ■ English version ■



【Large screen, click here】
Why become a tooth decay and even though it has already been care?(part2)

  
  虫歯になるメカニズム(原因)が分かるとおのずと解決策は見えてきます。

 原因が分からず”闇雲(やみくも)”に治療だけを急ぐと結局は繰り返しになり
「忙しいのに歯医者か・・・」「いつまで経っても治療の繰り返し・・・」になります。

   まずは「敵を知る」ことです。

  「敵を知らず」して何と戦うのだろうか?
 
    【動画】なぜ磨いているのに虫歯になるのか?(その1)はこちら
 Why become a tooth decay and even though it has already been care?(part1),click here

    【動画】なぜ磨いているのに虫歯になるのか?(その3)はこちら
Why become a tooth decay and even though it has already been care?(part3 conclusion),click here


◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内、大手町の歯科 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階虫歯の原因とメカニズム

歯周病治療の本流10のまとめ(ペルランベリ教授講演)

《HPは一番下からリンクできます》

イエテボリ大学歯周病学教授の講演まとめ月12、13日(土、日)はスウェーデンのイエテボリ大学(※@)歯周病学のペルランベリ(Prof.Per Ramberg)教授の特別講演会に出席させていただきました。(会場:千代田区日本歯科大学生命歯学部記念館九段ホール)

現在は「情報過多」な時代なので歯周病(歯槽膿漏)の治療もあれこれ錯綜しています。

「飲み薬」「うがい薬」「レーザー」「光殺菌」「〜水」などなど… あげればキリがないくらいです。

   患者様の利益を考えると

「本当に効果がある治療はどれか?それも生涯にわたって」になるわけですが、それを客観的に「数字」で表して証明していくのが「論文」「研究」です。

良くなっているかどうかの「数字の基準」は「歯周ポケットの深さ(※A)」「検査時の出血(※B)があるかどうか」「細菌数」などで評価します。

結論的には
「プラーク(バイオフィルム、歯垢)をメカニカル(機械的に)に除去して再形成を予防することが1番大切(従来からある治療方法)」になりますが、その他の分かってきたこともあるという内容になります。

今回の講演はその論文、研究がベースになっています。以下ダイジェストですが…

 @口腔衛生(プラークコントロール)の定着が一番重要。それ無くしては他のどの治療もうまくいかない。
  (昔も現在も同じ、基本中の基本、最重要)

 A飲み薬、注入式のお薬は、基本的な治療(歯周基本治療)を行ってみて、改善の有無を確認してから使用すべきである(むやみに使わない(※C))。

 B洗口剤は効果がでる有効濃度が必要であり、副作用もあることがある(※D)。

 C歯石(縁上歯石、縁下歯石)は1回で全て取っても、回数分けて取っても同じ効果である(時間が経つと同様の結果になる)。

 Dスウエーデンでは歯周病治療で外科処置を行う人は1%程度(外科しなくても良くなる)。

 Eインプラント周囲炎(スウエーデン国内 2013年)の割合は13%(7.7人に1人)存在する。

 Fインプラント周囲炎の治療方法はまだ確立していない(歯周病の治療は確立しているが)。

 Gイエテボリ大学歯周病科はレーザーは置いてない。

 H近年登場した「光殺菌」の治療法の効果は、従来の治療法と比較しているが「劣る」という結論。

 I「歯周病がある」「喫煙する」の場合は、インプラントを失う危険性(※E)は明らかに大きくなる。


ほかにもまだまだありますが、言えることは
     「新しい方法 ≠ 効果のある方法」
          の場合もあるのでよく吟味する必要があるということです。

従来からある
  「基本的な治療をどれだけしっかりできるか(※F)」
                             の方が極めて重要です。

※@:歯周病の研究分野で世界的に有名。歯周病治療の本家本元。
※A:いわゆる「歯ぐきの検査」細い物差しで測る。1o単位。
※B:ブラッシング時の出血とは違うので注意。※Aを行ったときの出血の有無です。

※C:歯科で抗生剤をあまり使わないスウエーデンでさえ「歯科は使いすぎ」と言われている。
   (医科歯科合わせて全使用量の8%)耐性菌の問題もあり使用は最小限が望ましい。
   ヨーロッパでは耐性菌が原因で年間2万5千人の方が亡くなる。
※D:日本国内販売のものは海外のものより濃度が低くい(薬事法のため)。副作用としては味覚障害、着色がある。
※E:オッズ比といいます。インプラントを行う前に歯周病の治療を行うのはこのためです。
   歯周病の治療せずにそのままインプラントをおこなうと3.29倍失う可能性が大きくなります。長持ちさせたい気持ちは、患者様、医療サイドも同じ。

※F:当院の歯周病治療のコンセプトです(「薬いらず、外科いらず」です)。

◆メルマガご登録(無料)はこちら◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒歯周病治療を東京でおすすめするなら | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階

最近の記事
カテゴリ
過去ログ
メルマガバナー.jpg歯医者選びが難しい理由がわかります(全8回)
Copyright © 大手町、東京駅、丸の内の歯科医ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます