月別記事一覧

大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。

月別アーカイブ:2016年02月

2016年02月の記事一覧。大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。
真冬に咲く桜があります。

2016-02-03 院内風景
《HPは一番下からリンクできます》当院の桜の季節は寒さがまだ厳しい2月です。画像は「啓翁桜(けいおうざくら)」といって山形産の早咲きの桜です。つぼみの状態で出…

記事を読む

東京歯科保険医協会学習会

2016-02-17 当院の舞台裏
《HPは一番下からリンクできます》14(日)は東京歯科保険医協会(※@)の学習会に出席させていただきました。所は多摩永山情報教育センター。4月にある診療報酬改…

記事を読む

「虫歯菌、脳出血に関与」:日経新聞社様

2016-02-25 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》2月6日の日本経済新聞様:『虫歯菌、脳出血に関与 新たな予防法に期待(国立循環器病研究センター)』の見出し記事を目にしました…

記事を読む

真冬に咲く桜があります。

《HPは一番下からリンクできます》

東京の歯周病の名医のブログ院の桜の季節は寒さがまだ厳しい2月です。


画像は「啓翁桜(けいおうざくら)」といって山形産の早咲きの桜です。


つぼみの状態で出荷され、室温に反応して花が開きます。

(ちなみにつぼみのうちから霧吹きで少し湿気を与えてやるときれいに開花します)



盆栽を趣味とする人の間では「桜切る馬鹿、梅切らぬ馬鹿」と言われ、通常「桜」は切ると弱るのですがこの桜は品種改良されて剪定(せんてい、切ること)には抵抗力があるそうです(ちなみに「梅」は切ったほうが花がつきやすくなるためです)。


同じ「桜」と名前はつきますが、品種によって性質が違います。


 治療も同じで、一口に「歯周病」て言ってもいろいろなタイプがあります(虫歯も同じです)。それを見極めて治療していかないと結局「弱めて」しまうことがあります(※@)。


   「同じ名前の病気でも成り立ちが違う」ので注意。


※@ 専門的には「診断」と「適応症(その治療が適しているか否か)」ということになります。

    例)喫煙者の方に歯周外科、再生治療などは経過が良くなく、通常の歯周病基本治療をしっかり

       やっただけの方が効果がある場合がある。

      糖尿病などが影響している場合は、まず医科の治療が先行または同時におこなう必要がある。

    


◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」


◆HPはこちらから◆⇒丸の内の歯科 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ

東京歯科保険医協会学習会

《HPは一番下からリンクできます》
東京でインプラントの名医14(日)は東京歯科保険医協会(※@)の学習会に出席させていただきました。所は多摩永山情報教育センター。

4月にある診療報酬改定(※A)についてですが、新しい治療方法の導入、疾病構造(※B)の変化などに対応した改定になる様子です。


治療する側としては2年に1回の新技術の導入されるタイミングなのでこれから色々忙しくなる時期になります。

※@ 東京都内で診療する 約5000人の歯科医師からなる団体。
※A 保険証で受けれる治療の内容、費用の改定が2年に1度行なわれる。今年はその年にあたる。
※B 病気のトレンドの変化と方向。

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内の歯科 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階

「虫歯菌、脳出血に関与」:日経新聞社様

《HPは一番下からリンクできます》

虫歯菌のミュータンス菌

月6日の日本経済新聞様:
『虫歯菌、脳出血に関与 新たな予防法に期待(国立循環器病研究センター)』の見出し記事を目にしました。

 簡単に内容をいいますと…

虫歯菌の代表格の「ミュータンス菌」はお口の中にいるが、”口の中から→ 血流で全身を回り→ 脳の血管をに到達し血管をもろくする” という働きをし脳出血に関与する。 というものです。

お口の中には常に400〜700種類の細菌がおり、その内の数種類が体をめぐり、全身の病気に関与(※@)しているといことは、以前から指摘されていることで、私たちにとっては”常識”なのですが、一般の方は知らない方がまだ多く、記事になることは健康管理にはプラスになり、良いことだと思います。

特に健康寿命を延ばすためには、しっかり歯の治療をおこなうことが必要で、なおかつ治療する価値は思った以上にある、ということです。

         健口(けんこう) = 健康(けんこう) であり
     そして    健康寿命  = 寿命  に近づけたいものです。

※@:その他代表的なものとしては(他にもありますが)
   日本人の死因の第2位は”肺炎”ですがその7割は”誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)”で、お口の中の細菌や、入れ歯に付着した細菌が原因です(ちなみに死因の第1位は”がん”です)。寝たきりになった方が”カゼをこじらせて肺炎”でお亡くなりになる多くのパターンです。 


◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内の歯科 | 大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)
東京都千代田区大手町1−5−1大手町ファーストスクエアWEST1階
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
メルマガバナー.jpg歯医者選びが難しい理由がわかります(全8回)
Copyright © 大手町、東京駅、丸の内の歯科医ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます