大手町、丸の内、東京駅、歯医者、歯科、歯の治療

大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。

記事一覧

口の衰えがあると死亡リスクが2倍になることが判明

2018-01-14 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》口の機能が衰えると死亡リスクが約2倍になっていたというデータが明らかになりました。※画像は朝日新聞様2018年1月10日の記事より引…

記事を読む

千代田区休日応急診療に行ってきました

2018-01-08 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》本日は千代田区休日応急歯科診療にいってきました。※画像は千代田区保健所になります。千代田区の医師会、薬剤師会、歯科医師会の先…

記事を読む

歯周病で認知症が悪化することが解明

2018-01-07 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》皆様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。新年早々から歯に関してのニュースになりますが、1月6日の…

記事を読む

皆様良いお年を

2017-12-28 院内風景
《HPは一番下からリンクできます》本日は今年最後の診療日でした。 画像は患者様から頂いた白百合になりますが、頂いた時はすべて蕾みの状態で、今年は寒いせいかなか…

記事を読む

口臭治療研修会に出席してきました。

2017-12-03 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》12月3日(日)は口臭治療の研修会(大阪)に出席させていただきました。※画像はそのときの様子 口臭といっても原因は多数あり、…

記事を読む

インプラント周囲炎の原因は細菌だけではないことが判明

2017-11-27 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》11月26日(日)はノーベルバイオケア社様(インプラントメーカー)主催の学術講演会に出席させていただきました。内容は “イン…

記事を読む

口の衰えがあると死亡リスクが2倍になることが判明

《HPは一番下からリンクできます》
歯の衰えと寿命の関係の新聞記事

の機能が衰えると死亡リスクが約2倍になっていたというデータが明らかになりました。

※画像は朝日新聞様2018年1月10日の記事より引用させていただきました。

東京大学などの研究チームが約2000人を対象にした調査で分かったとのこと。

一言で言うと「歯が良い方は健康で長生きしやすい」ということになりますが、

もう少し詳しく言うと、口の動きが衰えてくると食事の量が減り、肉類の摂取が減る傾向があり栄養状態が偏るためとの見解です。

常識的に考えても
食事の量、質の低下→ 栄養が偏る→ 体力の低下、健康状態の悪化→ 死亡リスクの上昇 
の連鎖は考えるに難くない所です。

今回は研究によりその連鎖が「証明」されたということになります。

良く体の衰えは「眼」「歯」から始まるといわれますが、まさにその通りの結果です。

歯の場合は若い時からの予防や治療内容などが影響しやすい分野ですので、早めの
アプローチにより良い状態が保てるところがミソ。

  将来のことを考えて、早めの準備が「吉」。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町の歯医者、大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階

千代田区休日応急診療に行ってきました

《HPは一番下からリンクできます》
千代田区休日応急歯科診療

日は千代田区休日応急歯科診療にいってきました。

※画像は千代田区保健所になります。

千代田区の医師会、薬剤師会、歯科医師会の先生方が当番制でおこなっているものです。

日曜祝日は通常のクリニックがお休みになる訳ですが、お痛みやトラブルは待ってくれません。
医科、歯科ともにおこなっています。

季節がらインフルエンザが流行ってきているので、医科の先生はいつもながらお忙しそうでした。

場所は千代田区保健所内の2階にあり、午前9時から受け付けています(まず電話で問い合わせ)。

地下鉄「九段下」駅下車徒歩1分です。少し路地に入っていて分かりづらいですが交差点にある地図に載してあります。

緊急時のために覚えておくと良いでしょう。

 詳しくはこちらからご覧いただけます→千代田区保健所様HP


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町の歯医者 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ

歯周病で認知症が悪化することが解明

《HPは一番下からリンクできます》
歯周病と認知症の関係2018年1月朝日新聞

様あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

新年早々から歯に関してのニュースになりますが、1月6日の朝日新聞様に記事が掲載されていました。

内容を一言でいうと

「認知症(アルツハイマー病など)の症状を歯周病が悪化させるメカニズムが分かった」
ということです。

もともと歯周病が進むと認知症が悪化する傾向があることはわかっていましたが、
「なぜそうなるのか?」の詳細がはっきりしたということです。

もう少し細かくいうと、歯周病菌のだす毒素が体内の血管を通じ全身を巡り、
脳の神経細胞にも影響し、神経細胞が徐々に死んでいき認知症が
悪化するというメカニズム、であることがわかったということです。

「痛みも腫れもないが、歯周病の治療をしたほうが良い理由」は、
このほかにも多くありますが、歯周病の治療が全身の健康にプラスの影響
があることは間違いないという事実になります。

  体の入り口=健康の入り口、にしたいものです。

※正確にいうと「アミロイドβ」という脳内の「ゴミ」のたんぱく質が増える。
 

◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒東京で専門的に歯周病治療をするなら大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階

皆様良いお年を

《HPは一番下からリンクできます》
大手町デンタルクリニック12月28日の様子

日は今年最後の診療日でした。

 画像は患者様から頂いた白百合になりますが、頂いた時はすべて蕾みの状態で、今年は寒いせいかなかなか咲いてくれなかったのですが最後の最後に咲いてくれました。
 
 今年も無事最終日を迎えることができ、年内最後にふさわしい写真で締めくくることができました。

 いつもきれいなお花を頂きありがとうございます。

 ちょっと早いですが、皆様良いお年を。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒口臭治療を東京でおすすめ 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

口臭治療研修会に出席してきました。

《HPは一番下からリンクできます》
口臭治療研修会参加時の様子

12月3日(日)は口臭治療の研修会(大阪)に出席させていただきました。
※画像はそのときの様子

 口臭といっても原因は多数あり、一つ一つ原因を見つけ、無くしていくことが鉄則になります。もちろん、全身の病気が原因のときもあるし、健康な方でもおきることがあります。

 生活習慣や食生活も関与するので、原因をあげれば「キリが無い」位です。

そのため、口臭治療でもっとも時間をさくところは、口臭の原因を特定するための「検査」になり、さまざまな、測定機器や機材を使用し原因を探していきます。

 検査項目が多くなれば精度は上がりますが反面時間がかかります(しっかり特定するためには、2時間ほどお時間をいただくこともあります)。

 「原因が分かって、初めて解決方法がわかる」ことはどんな治療でも同じですが、口臭治療に関しては少し複雑になります。


◆「気になる口臭、その3つの原因」◆⇒はこちらからご覧いただけます。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒口臭治療を東京でおすすめ 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ

インプラント周囲炎の原因は細菌だけではないことが判明

《HPは一番下からリンクできます》
トーマス・アルブレクトン教授
11月26日(日)はノーベルバイオケア社様(インプラントメーカー)主催の学術講演会に出席させていただきました。

内容は “インプラント周囲炎“ に関してで、海外からスウェーデンのイエテボリ大学 トーマス・アルブレクトン 教授(※1)をはじめ3名の演者が講演されました。

(※1)トーマス・アルブレクトン教授:インプラントを世界で初めておこなった(1965年)故ブローネマルク教授の元で研究をされる。

インプラント治療を長持ちさせるためには、「インプラント周囲炎(※2)」を防ぐことが大切になりますが、今までは歯周病と同じで「細菌」の侵入が主な原因とされていたが、最近の研究ではそれ以外の因子もわかってきたという内容でした。

(※2)インプラント周囲炎:インプラントを支える周りの骨が溶けて無くなる。
   進んでしまうとインプラントがグラグラしてくる。さらに進むと自然に取れてしまう。

内容をまとめると、

「いままで細菌が唯一の原因と考えられていたインプラント周囲炎だが、体の免疫反応によりおきることもわかってきた。研究や論文をみてみると、いままでどおり、喫煙、細菌も大きく関与しているが、歯科医師の技術の差、服用薬(※3)、腐食、物理的な力、等の様々な因子がわかってきた。」

 (※3)服用薬:H2ブロック剤などで胃酸を抑える薬(胃薬)、石灰化した骨を溶かす作用もある。

インプラント周囲炎 = 免疫反応+タバコ+細菌+技術+力のかかり方+薬+材料、等(※4)

 以上のように多くの因子があるということです。

 (※4)島倉独自のまとめ

 
長く使用(※5)していると、お体の調子の変化や、飲み薬の有無、など全身の変化もでてくるので、(お体全体の骨の代謝も変わる可能性があるので)インプラントの周りの骨の状態を確認するためにも、1〜2年ごとのレントゲン撮影と3〜4ヶ月おきのメインテナンス(継続管理)、が必要になるわけです。

(※5)当院の場合、最長19年経過されている方が今もお使いいただいております。

◆「インプラント周囲炎を防ぐ5つの方法」◆⇒はこちらからご覧いただけます。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒丸の内から徒歩1分、大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ
implant-dr-tokyo-no1.jpg
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
メルマガバナー.jpg歯医者選びが難しい理由がわかります(全8回)
Copyright © 大手町、東京駅、丸の内の歯科医ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます