大手町、丸の内、東京駅、歯医者、歯科、歯の治療

大手町デンタルクリニック(旧 日本ビル歯科)の歯の治療への「こだわり」をご紹介。Dr.島倉ブログ。東京都千代田区大手町、東京駅、丸の内の歯科、歯医者でございます。

記事一覧

口臭はどうやって調べるのか?

2018-12-06 歯の治し方
《HPは一番下からリンクできます》口臭がする?しない?はどうやって測るのか?とご質問を頂くことがあります。 また、「実際に口臭があるのに、機器で測定したら無い…

記事を読む

口臭治療研修会(2018)に参加してきました

2018-12-04 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》毎年大阪でおこなわれる口臭治療の研修会に出席させていただきました。 午前は、  口臭治療指針の説明が、本田 俊一 先生よりあ…

記事を読む

歯が健康だと年間の総医療費が節約できる事実

2018-11-23 歯のニュース!!
《HPは一番下からリンクできます》【健全歯数と1人平均年間医療費との関係(男女合計)】※「歯科医療費の分析に関する最近の動向」 松本歯学31:138〜148、…

記事を読む

第8回日本国際歯科大会に参加してきました。

2018-10-08 お知らせ
《HPは一番下からリンクできます》パシフィコ横浜で開催された第8回日本国際歯科大会2018にクリニックスタッフと参加してきました。※画像は横浜の景色4年に一回…

記事を読む

お子様の虫歯が無い!

2018-09-02 当院の舞台裏
《HPは一番下からリンクできます》2年ぶりに千代田区保健所様の健診事業のお手伝いにいってきました。※画像は診療室の風景です。千代田区にお住いの〜5歳までのお子…

記事を読む

当院は治療に使う水にもこだわっています

2018-08-25 安心、安全への取り組み
《HPは一番下からリンクできます》今週、治療に使用する水の「ろ過器」のフィルターの交換をおこないました。 ※画像の上は新品、下は今回交換したもの。 毎年「治療…

記事を読む

口臭はどうやって調べるのか?

《HPは一番下からリンクできます》
口臭検査に使用するスケール

臭がする?しない?はどうやって測るのか?とご質問を頂くことがあります。

 また、「実際に口臭があるのに、機器で測定したら無いというデータだった」けどなぜ?というお話もきくことがあります。

※画像は口臭を測定するときに使用する専用のスケールです(距離を測定)。

 口臭の測定方法は大きく分けると2つあり、それぞれ特徴があります。

1、専用の機器で測る
   メリット :呼気を器械で測定するため、数値で結果がでてくるので客観的。
   デメリット:呼気(息)の成分は約200種類の気体(ガス)の集合体ですが、一つの機器で測定できる気体の種類が2〜3種類に限られるため、口臭があっても検出できない気体の場合、データに反映されない(検出できない)ことがあります。

※すべての種類のガス成分の総和の値は測ることはできます。

2、人の嗅覚で測る
   メリット :一番実感に近い。
   デメリット:室内臭があると臭いがわからなくなる。測定する人のコンディション(嗅覚)も影響する。

口臭がある、といった場合 

    @どの位の距離で 
    Aどんな臭いなのか 
    Bいつするのか? 

が重要になりますので、最終的な判断をするには、専用機器、人の嗅覚、の両方での総合判断が必要になります。

 また、調べるにあたっても何処(場所)で調べるのか?場所の環境も大切になります(例えば、食後すぐの室内だと食べ物の臭いで正確に測れません...)

 そのため、口臭の測定は機器の特徴や場所などの配慮が必要なので非常にデリケートです。そのため、当院の場合は専用の個室で測定しますが、測定の前に室内を無臭な環境に整えるようにしています。

 歯科クリニックの場合どうしても「薬品臭」の影響を受けますので...。   


◆「気になる口臭、その3つの原因」◆⇒はこちらからご覧いただけます。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒専門的に口臭治療をするなら 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階

口臭治療研修会(2018)に参加してきました

《HPは一番下からリンクできます》
口臭治療研修会参加時の様子

年大阪でおこなわれる口臭治療の研修会に出席させていただきました。

午前は、
  口臭治療指針の説明が、本田 俊一 先生よりあり、
午後は、
  「水素による酸化ストレスコントロールは歯周病治療に有効か」が森田 学 先生(岡山大学)、と
   歯周病治療に関して、Dr.Jon L Richter 先生の2名より御講演がありました。

 中でも、「水素(H2)」の効果の1つとして、水素分子が体の細胞を傷つける活性酸素と結びつくことにより、「活性酸素」の発生を抑制することがわかってきており、医療領域でも研究が進んできているとのことでした(余分な活性酸素は、生活習慣病やがんなどの原因になるため無い方が良い)。

 ただ、水素は分子量が最小の物質のため、長く保存が難しく(いろいろな物質を通り抜けてしまう)、水溶液中であると8時間ほどで消滅してしまうとのことでした。

 全国から400名ほどの参加者があり、新しい検査機器などの展示もあり有意義な研修会でした。
 

◆「気になる口臭、その3つの原因」◆⇒はこちらからご覧いただけます。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒口臭治療を東京でおすすめ 大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
 カテゴリ
 タグ

歯が健康だと年間の総医療費が節約できる事実

《HPは一番下からリンクできます》
歯の数と総医療費の関係の図

【健全歯数と1人平均年間医療費との関係(男女合計)】

※「歯科医療費の分析に関する最近の動向」 松本歯学31:138〜148、2005 より筆者改変

康な歯が多いと、年間の総医療費は減り、お金が節約できるというデータのご紹介です。
一言で言うと「健康な歯が多いと1年間の医療費(お体全身の)が少なくてすむ」ということになります。

考えてみれば当然のことですが…
 
 歯が悪い⇒治療する必要がある⇒治療する⇒治療費がかかる、の流れはすぐに理解できます。

そこにプラスして、その方はお体全身に関する治療費も多い事実がわかった、ということになります。
 
 そうすると
 歯が悪い⇒歯以外(お体全体)の治療費もかかる、ということになります。

「病気のうえ、さらにお金がかかる」ことは誰も望むことではありませんので、健康な歯を多く残すことは意味があり、 

 @お体の健康にも
 A経済的にも

合理的なことだと言えると思います。

 歯科者はなるべく行きたくない場所ではありますが、そのデメリットを大きく上回るメリットがここにあります。


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町の歯医者(歯科)なら、大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階




第8回日本国際歯科大会に参加してきました。

《HPは一番下からリンクできます》
パシフィコ横浜から見た風景

シフィコ横浜で開催された第8回日本国際歯科大会2018にクリニックスタッフと参加してきました。

※画像は横浜の景色

4年に一回おこなわれる、歯科医師、歯科衛生士、歯科技工士、が一同に集まるシンポジウムです。

各スタッフ自分の興味のあるセクションを聴いてきました。

私の場合は「スタッフのキャリアメイク」関連でしたが、各演者の、就職〜今に至る(18〜37年)までのステップアップを非常に興味深く拝聴させていただきました。

長く(20年前後)仕事をされている歯科衛生士の先生の共通点としては、この職業についた動機はそこまで強くなかったか、長く務めているうちに、仕事に対しての「気づき」「発見」「感動」に触れた時期があって「だから今の自分がある」という所でしょうか。

当院の場合、参加後は「聞いて終わり」でなく「全員レポート提出」が決まりで、後日全員で共有します。もちろん私も書きます・・・気づきを得るために。


「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階




 カテゴリ

お子様の虫歯が無い!

《HPは一番下からリンクできます》
kyuujitu20180901.jpg

年ぶりに千代田区保健所様の健診事業のお手伝いにいってきました。

※画像は診療室の風景です。

千代田区にお住いの〜5歳までのお子様たちのお口の中の健診になります。

今回来院されたお子様たちは54名。

前回同様治療が必要な虫歯はなんと「0本」でした。

いつもながら感心させられます。

内容は、お手入れの指導、フッ素塗布、歯並び相談、などが主なものになります。

虫歯になりやすい、なりにくいの差は、
生後1歳7ヶ月〜2歳7ヶ月のお口の状況が強く影響(※※)するすることがわかっているので

この時期がお子様の「一生を決める(虫歯のできにくさに関して)」大切な時期ですので
今後もぜひ継続していただければと思います。

※※:「虫歯」に関しての影響。「歯周病」はまた別の要因が影響します。

【関連記事】子どもの歯を虫歯にしないための7つの予防方法


◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階




 カテゴリ
 タグ

当院は治療に使う水にもこだわっています

《HPは一番下からリンクできます》
治療時に使用する水の浄化用のフィルター

週、治療に使用する水の「ろ過器」のフィルターの交換をおこないました。

 ※画像の上は新品、下は今回交換したもの。

 毎年「治療に使用する水」をろ過するフィルターをチェックしていますが、だいぶ色も変わってきたので今年は4年ぶりに交換しました。

 今回は、ろ過できる粒子のサイズをこれまでの「5μ(ミクロン)」→「1μ(ミクロン)」と性能アップしました。
 
 結局、治療に使用する器具がきれいであっても、治療時に使う「水」自体がきれいでないと意味がないので、当院は「器具」だけでなく「水」の清潔さにもこだわっています。 

 ちなみに、治療時のコップの水も水道水よりきれいでおいしいです・・。
  

◆「歯科の答え」がここに集結◆⇒「もう歯で悩まない!デンタルアンサー」

◆メルマガご登録(無料)はこちらから◆⇒「もう歯で悩まないための7つのステップ(全8回)」

◆HPはこちらから◆⇒大手町デンタルクリニック | 東京都千代田区大手町1-5-1大手町ファーストスクエアWEST1階
implant-dr-tokyo-no1.jpg
最近の記事
カテゴリ
過去ログ
メルマガバナー.jpg歯医者選びが難しい理由がわかります(全8回)
Copyright © 大手町、東京駅、丸の内の歯科医ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます